ゴルフスイングにスクワットは効果的なのか?

ゴルフ2016_3990

下半身においてはスイングに非常に近い筋出力

スクワットで使われる筋肉やその動きというのは、ゴルフスイングにおいて非常に近い動きをします。トップから切り返し、ダウンスイング期には、下半身の力を抜くことによる自然落下(重心落下)が起こります。この重心落下によって地面方向への力をクラブに伝えることで、振り子の加速のきっかけを与えることになります。

そしてスイングが加速し、インパクトでヘッドスピードがマックスになったところで、遠心力はクラブをボールの方向に引っ張る力として身体にかかってきますので、このときに必要なのは、クラブ自体を天井方向に引っこ抜く力となります。

この時に下半身はスクワットとほとんど変わらない筋出力をしています。(回転に対する反作用の力も受けていますが)

ヘッドアップやヘッドダウンは下半身の筋力不足も

ではスクワットがめちゃくちゃ弱い選手はいったいどうなるかというと、ヘッドスピードが上がってインパクトの瞬間に、遠心力に対抗する筋力を持ち合わせていないため、軸がぶれて頭がガクッと落ちてしまうようなスイングになります。または、無理して引っ張り上げようとするので、ヘッドアップなどの代償動作が起こる可能性もあります。

おススメは回転ジャンプの練習

詳細はなかなか文章でお伝えするのは難しいのですが、回転ジャンプの練習を行うことによってゴルフスイングを作ることができます。高い重心位置から、いったん下半身の力を抜き、自由落下で地面に近づく。そして一気に回転と天井方向への力を発揮するという、まさしくスイングと同じ筋出力を行う訓練が出来ます。

正しいやり方はぜひ飛距離アップ道場にお越しいただければお伝えいたします。


オススメの最新理論レッスン動画




>>WEB講座・ゴルフスイング物理学の詳細はこちら