「ボールを押す」は間違い

押すとヘッドは減速する

円運動というものを考えると、遠心力が最大になったポイントが最速となります。

また、遠心力の反対は向心力と呼ばれますが、この2つは常に釣り合っていなければなりません。

つまり、インパクトの瞬間は遠心力が最大になっており、その瞬間身体からは最大の向心力を発揮しなければならないということになります。

ボールを押すという行為は、向心力を失うことになり、結果遠心力との釣り合いを崩し、ヘッドスピードを下げるということになります。

左肘も引いて使う

インパクトの瞬間に身体の軸への向心力を最大化するために、ドラコン選手のジェイミーなども、左肘すら引いて使っています。

左肘の動きは、テイクバックで最長となり、そこから回転を始めてスイングが加速するにつれて短くしていくような使い方をしなければ、スイングスピードを効率的に上げることが出来ません。

また、左半身全体をインパクトの瞬間に向けて爆発的に天井方向に引き上げることによって向心力が最大化します。

参考までに…


オススメの最新理論レッスン動画




>>WEB講座・ゴルフスイング物理学の詳細はこちら