重心移動は動作の前に行うもの

テイクバックにも重心移動を使うなら

基本的には重心移動によって生まれた力をクラブに全て伝えると、作用反作用の力で打ち消され、外から見ると移動していないように見えるというのが正解になります。

テイクバックをしっかり軸を保って行うためには、テイクバックのための重心移動も必要となります。

それが右方向への重心移動となりますが、これはヘッドを動かす前に行うべきです。

マキロイの重心移動

マキロイは見事にこの使い方を行っています。

右方向への重心移動を少し起こしたあとにテイクバックを行い、

左方向への重心移動をしたあとに切り返します。

飛ばないゴルファーは、

テイクバックをしながら右方向に重心移動をし、左方向に重心移動をしながら打つ。

これでは作用反作用の力も使えないので、軸がブレてスイングスピードが落ちてしまう。

打ったあとにふらつく。

ということになってしまいます。

基本は運動の前に重心移動を行う。

これだけで全くスイングスピードは異なります。

参考までに…



書籍版ゴルフスイング物理学
縦書き文書.001