膝ではなく股関節の動き

股関節の伸展によって膝は伸びていく

インパクト付近で骨盤の回旋エネルギーを保つためには、右の骨盤を飛球線方向に押し出していく力が必要になる。

ここで股関節の伸展という動作によって骨盤が押し出されていくのですが、その伸展に必要な筋力が足りなかったり、逆に伸展を妨げる筋肉が硬いことが原因にもなります。

股関節の伸展とは、骨盤に対して膝を背中側に蹴る動作となります。

大臀筋とハムストリングス

この2つの筋肉は股関節伸展に使われる筋肉です。お尻の一番大きな筋肉が大臀筋。そしてハムストリングスは腿の裏になります。

膝を伸ばす筋肉と聞くと大腿四頭筋を思い浮かべる方も多いのですが、足が地面に固定されている状態では股関節の伸展によっても膝を伸ばすことができます。

これについては説明が複雑なので省略します。

大腿直筋、腸腰筋、縫工筋が硬い

これらの筋肉は全て股関節の表側にある筋肉です。

ここが硬くなってしまうと、股関節の伸展が妨げられてしまうため、右膝を伸ばしていく動きが非常に悪くなってしまいます。

インパクトで腰を止める、逆方向に捻るに対しての反論

捻転によってスイングを加速するということで、インパクトで腰を逆方向に捻るようにして止めるという理論があります。

確かに、重心である丹田付近を中心として、上下で逆方向の捻転の動きをすることによって鋭い肩の回転を生んでいますが、これを外から見て腰が止まっているからといって、自分から止めてはいけません。

物理的に正しく論じるとしたら、強く胸郭(肩)を回転させることによって得られる反作用の力で腰が止まって見える。

が正解です。

腰を止めているのではなく、骨盤と胸郭の間、つまり腹斜筋や多裂筋、脊柱起立筋などによって強烈に胸郭を回旋させることで自然に腰は反対方向への力を得ることになります。

右股関節は内旋から外旋が正解

ここで骨盤の回転の話が出たので付け加えると、右膝は内向きに捻ってはいけません。

外から見たら内向きに捻られているように見えますが、本人から見たら外旋なのです。

これを間違えると骨盤に力は伝わりません。

詳しくはセミナーなどで解説いたします。

参考までに…