1つの回転運動で加速すると、スイングスピードは格段に上がる

回転で加速する動作とは

スポーツを見ていると、回転によって物を加速させているものが多く見つかる。

いくつかその例をみて、ゴルフスイングにおいていかに回転運動で打つかという動作を考察します。

ソフトボールのウインドミル投法

ソフトボールのピッチャーといえば、ウインドミルです。グルッと肩を1回転して投げることで加速を取り、最後に腰に当ててリリースする。

これがもし回転でなく、振り子の往復だったらなかなか速い球は出せないはずですね。

テニスのフォアハンド

よく見ればこれも円運動で加速しています。

テイクバックは腕が内旋した状態でヘッドが身体の前を通り、ドライブをかけるためにインパクトは身体の後ろから上方向に。

つまり後ろ回しの方向にヘッドが加速しています。

落合選手のバッティング

これはヘッドの動きを見れば、上から見て円運動になっていることが分かります。

内旋のポジションからスタートし、回転しながらインパクトを迎えます。

お待ちかね、マキロイのスイング

よーく見れば、テイクバックでは身体の前をヘッドが上がっていき、ダウンからインパクトまで、身体の後ろを通って行きます。

往路:

帰路:

つまり、振り子の往復ではなく、ウインドミル投法と同じく、後ろ回しの回転運動で加速しているのです。

指導現場でどうするか?

この軌道をただ伝えて、「こっから上げてこう下ろして来ましょう」ではまだまだ小学生が友達に教えているレベルです。

その軌道にするための骨盤や肩甲骨の動きを伝えること。

そしてその動きが制限されているのであれば、関節へのコンディショニングや、鍛えるべき筋肉のトレーニングを行わなければなりません。

個人によってその必要なアプローチは異なりますので、ここでは省略します。

参考までに…



書籍版ゴルフスイング物理学
縦書き文書.001