右のお尻、もも裏がちゃんと使えているかどうか

最後重心が右に残ってしまうという悩みを持たれる方も多いと思います。

しかし、骨盤の高速回転を生むためには、インパクトのときにも右足にも少し重心が残っている必要があります。

左脚と右脚の両方を使って骨盤に回転のエネルギーを与えた方が強いからです。

(左脚はスラストアップとして解説してきました。)

最後インパクトからフォローにかけては、右脚で骨盤を前に押し込むようにして回転を加えます。

この時に使われる筋肉が、実はお尻やもも裏、つまり大臀筋、ハムストリングスと呼ばれる、股関節の伸展筋ということになります。

スクワットなどのエクササイズでは、最終的な股関節の伸びが足りないため、まだまだゴルフでは使い切れません。

ゴルフのための股関節伸展のトレーニングは、もっと身体のラインより後ろまで、脚全体を蹴っていく必要があるので工夫が必要です。

気になる方は「30のレシピ」や電子書籍で詳しく解説させていただきますので、お問い合わせください。


オススメの最新理論レッスン動画




>>WEB講座・ゴルフスイング物理学の詳細はこちら