スタジオコア・ゴルフ道場は、体幹トレーニングと物理学に則った動作改善法「ゴルフスイング物理学」を提唱し、飛距離アップ、コントロール、ミスの軽減など、身体の使い方の改善や身体づくりを含め、トータルでサポートいたします。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 指導理論

指導理論

物理学を応用して飛距離アップする(楕円、慣性、遠心力など)

ゴルフの飛距離アップに物理学は欠かせない 物体を加速させるという行為を考える上で、物理学は切っても切り離せない …

ユーティリティ、ウッド、ウェッジの引っかけ・・・クラブ重心を理解しましょう

重心を理解すれば引っかけの原因が一つ分かる スイングが出来てくると増えてくる、ユーティリティ、ウッド、ウェッジ …

「前倒し」は手でやらない。慣性の力を利用して自然発生させる。

「前倒し」という動作について 何回か「前倒し」という動作についてのご質問をいただいたので、いくつか「前倒し」を …

ビジネスゾーン・ハーフスイング等の練習のメリット・デメリット

ビジネスゾーンの練習でうまくなるのはアプローチだけ? 最近ゴルフでは「ビジネスゾーン」という言葉をよく聞きます …

シャフトの硬さ、クラブ振動数はヘッドスピードで決められない

ヘッドスピードだけでシャフトの硬さを決めていませんか? シャフトの特性というのは極めて色々な要素を含んでいるた …

フェースコントロールのポイントは水平面の遠心力とヘッドの重心深度

ヘッドの重心が遠心力の方向に向く フェースコントロールという言葉は、あたかも自分の手でフェースの向きをコントロ …

ゴルフを仕事にしたいとお考えの方にご提案

ゴルフが上達してさらにそれを仕事にできる「GSPモーションアドバイザー」 スイングを原理から伝えるという仕事 …

なぜゴルフスイング物理学を考えているのか。なぜトレーナーをやっているのか。

昔からスポーツ指導に疑問を抱き続けてきた 僕は昔から野球をやってきました。小学校時代はショート、中学時代からピ …

ゴルフの筋力トレーニングについて

ゴルフスイングは筋力トレーニングで極まる ゴルフの筋トレのポイント 伸張反射を鍛える 筋肉は瞬間的に伸ばされる …

飛ばしの秘訣の最重要項目

やっぱり捻り。そして手は出さない。 先日、初めて松本にお越しいただいた男性がたった2日間の指導で飛距離が50ヤ …

« 1 2 3 4 10 »
PAGETOP
Copyright © スタジオコア・ゴルフ道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.