スタジオコア・ゴルフ道場は、体幹トレーニングと物理学に則った動作改善法「ゴルフスイング物理学」を提唱し、飛距離アップ、コントロール、ミスの軽減など、身体の使い方の改善や身体づくりを含め、トータルでサポートいたします。
ブログ

スイング動作について

物理学を応用して飛距離アップする(楕円、慣性、遠心力など)

ゴルフの飛距離アップに物理学は欠かせない 物体を加速させるという行為を考える上で、物理学は切っても切り離せない …

ユーティリティ、ウッド、ウェッジの引っかけ・・・クラブ重心を理解しましょう

重心を理解すれば引っかけの原因が一つ分かる スイングが出来てくると増えてくる、ユーティリティ、ウッド、ウェッジ …

「前倒し」は手でやらない。慣性の力を利用して自然発生させる。

「前倒し」という動作について 何回か「前倒し」という動作についてのご質問をいただいたので、いくつか「前倒し」を …

ビジネスゾーン・ハーフスイング等の練習のメリット・デメリット

ビジネスゾーンの練習でうまくなるのはアプローチだけ? 最近ゴルフでは「ビジネスゾーン」という言葉をよく聞きます …

シャフトの硬さ、クラブ振動数はヘッドスピードで決められない

ヘッドスピードだけでシャフトの硬さを決めていませんか? シャフトの特性というのは極めて色々な要素を含んでいるた …

飛ばしの秘訣の最重要項目

やっぱり捻り。そして手は出さない。 先日、初めて松本にお越しいただいた男性がたった2日間の指導で飛距離が50ヤ …

骨盤の回転と足、膝、股関節の使い方。「2段モーション」と「3段モーション」

脚の長さを変えることで骨盤の回転を生む 骨盤を回転させるためには脚の長さを変える必要がある。 テイクバックでは …

ゴルフスイングを連続写真やスローモーションで真似ること、太極拳スイング等のデメリット

スローモーションや連続写真には少し気をつける必要がある 物理的な力がない状態での動作は実際とは全く違う ゴルフ …

ゴルフスイングの基本「左肘を伸ばす方法」動画解説

左肘を伸ばすコツは、左手と右手でケンカさせること バックスイング時に左肘が緩んでしまい、そのままインパクトまで …

イボミ選手の動画からツイストについて再確認

イボミ選手やマキロイ選手の腰が止まって見えるのはなぜ?という問題について 腰がインパクト付近で一瞬止まって見え …

« 1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © スタジオコア・ゴルフ道場 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.